お葬式後に仏壇を処分しても大丈夫か

例えば引越しをする場合、お葬式後に仏壇を買い替えようかと検討する人もいるのではないでしょうか。今までの仏壇だと大きくて室内に入りきらない場合もあります。靴などであれば、買い替えも処分も簡単ですが仏壇だとそうもいきません。

お葬式の時にお坊さんに相談しておくとスムーズに進むかもしれません。その理由として、仏壇を買い替える場合、お経をあげてもらって今の仏壇から仏さまの魂を抜いて、供養をしてもらわなくてはいけないからです。供養をしてもらうことで、仏壇はただの入れ物に戻り、処分が出来るようになります。その後、新しい仏壇に魂を入れてもらってから使うことが出来るのです。

宗派によって違いはありますが、こういった儀式はほとんどの宗派が必要となります。仏壇だけを用意して、位牌を置き換えればいいというものでもありません。当然ながら、お坊さんに支払う費用も必要になるので、買い替えを検討している人は宗派による儀式をしっかりと調べてから行いましょう。難しく感じるかもしれませんが、しっかりとした儀式を行うことで仏壇の移動や処分は自由に出来ます。処分と言っても、そのまま捨てるのは失礼になるので適した処分方法を行いましょう。どうすればいいか分からない場合は、仏壇を購入した店舗などに相談をしてみることをおすすめします。アフターフォローのある店舗であれば、引き取りや処分を申し出てくれる場合もあります。どちらにしても、ゴミと一緒に出すなどは絶対にしないようにしましょう。