仏壇はお葬式準備として用意するべきか

仏壇を用意する前の基礎知識として、菩提寺がある場合は四十九日までに購入して用意する家庭が多いようです。しかし、これはあくまで目安なので、四十九日前に限らずいつでも用意していていいとされています。なぜ、四十九日の後ではいけないのかというと、四十九日の法要が終わると後飾りを外すからです。白木の位牌に換えるため、四十九日までに用意する人がほとんどです。

人によっては、お葬式後の四十九日後に用意するのは失礼だと考える人もいます。ですが、故人の命日や年期法要に合わせて用意する場合もあるので、必ずしも失礼になるわけではないようです。これは宗派によって考え方も変わってくると言われています。心配な人は同じ宗派の人に聞いてみましょう。

他にも、お葬式準備として故人が前もって仏壇を用意している場合もあります。お墓の場合は、誰も入っていないお墓は縁起が悪いと考えれる人もいますが、仏壇の場合はご先祖様を祀るために用意してあることも少なくありません。故人が用意した仏壇があるのであれば、新たに購入するのはやめてそちらに位牌を入れておくのが一番良い方法です。前もって用意するということは、その仏壇を気に入ったからということも考えられるからです。

仏壇の置き場所も明確な決まりはありませんが、落ち着いた場所に置くことが望ましいとされています。故人やご先祖様がいる場所ですから、騒がしい場所よりも静かな場所の方がいいのです。さらに、神棚がある家庭では向かい合わせにしない方がいいと言われています。