仏壇はお葬式前に用意するべきなのか

仏壇はひとつの家族として独立する時に用意するものという認識がありましたが、時代の流れによって今はそういった心構えで用意する人は少なくなっている傾向にあります。そのため、現在は基本的に不幸があってからお葬式後に仏壇を用意するという認識の方が強いです。予め用意しておいても問題はないのですが、仏壇は不幸であると考える人もいて、必要になった時に買うのが当たり前になっています。自宅に仏壇がない場合は、どんなに遅くなっても四十九日の法要までに用意しておくと考えておきましょう。これ以降になると問題とされる場合があるようです。しかし、それまでに用意するのが難しい場合もあるため、その場合は自分のペースに合わせて購入すればいいでしょう。

四十九日まで、と考えると比較的猶予があるように思えます。しかし、お葬式後は香典返しを考えたりなどで意外と時間はあっという間に過ぎます。そのため、なるべくぎりぎりではなく早めに考え始めるようにしましょう。近場に仏壇を扱っている店舗が見つからない場合、お葬式後にでも葬儀会社に問い合わせてみるといいでしょう。業者によって変動はありますが、仏壇店を知っていたりすることもあるので、やみくもに仏壇店を探すよりは効率が良いと言えます。

宗派ごとで大きな決まりはないと言われています。もちろん、宗派に合わせた仏壇もあるので、宗派に合わせたものを購入したい人は店舗のスタッフに相談してみるのもいいかもしれません。その他にも必要なものを事前に調べておくと安心です。